将来を見据えた仕事選び

仕事をする女性が増えています。家事や育児、介護をしながら長く働き続けることを望む女性も増えています。これは自分の将来を考えた上で、とても大切なことではないかと思います。

老後の不安を感じているのは、誰もが同じではないでしょうか。少しでも長く働くことができると、その不安も少しは軽くなるものです。その為には長く続けることが出来る仕事、キャリアが有利になるような仕事、自分の生活設計に合わせた働き方が出来る仕事といった、選択肢が多い仕事を選ぶことが大切です。

医療や介護関係の仕事であれば、長く働き続けることが可能です。キャリアがあればフルタイムで働くにも有利ですし、またフルタイムで働くことでキャリアアップが期待できます。そしてフルタイムで働くことが難しくなった場合、生活のリズムに合わせた働き方を選択することが出来ます。もちろんフルタイムで働くよりも雇用条件、福利厚生といった面では満足とはいえないかもしれません。ですが定年など年齢に関係なく働くことが出来るのは魅力的です。そして、年齢が高くなることが社会経験とも密接しているので、年齢さえもキャリアの一つと考えるところも少なくありません。

仕事は自分のためであり、また、それを求める誰かがいなくては仕事として成立しないことを理解しなくてはいけません。需要があることで、自分の働きで誰かに喜んでもらえるという、やりがいを感じることができるのです。これから転職や仕事復帰を考えるのであれば、将来の自分を思い描くとよいでしょう。20代の自分と30代、40代、そして晩年までの自分を想像し、どのような生活をしたいかを考えることで仕事への基準が見えてくるのではないでしょうか。将来性のある仕事を見つけて、キャリアアップが望める転職を実現しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です